ドイツ、フランス G20でビットコイン規制を共同提案へ。相場は一時下落

 

ビットコインを悪用したマネーロンダリング(資金洗浄)などへの危機感を強めるドイツが、
隣国であるフランスとともにG20でビットコインへの規制を議案を提案することがわかった。

日本時間正午くらいに発表されるとビットコインのチャートは敏感に反応、
一時的に下落したが1時間ほどで反転、上昇を続け元通りに戻った。(※17時現在)

ドイツによるビットコイン規制の提案は15日に既に報道されており、
そこにフランスが加わっただけだったのと、G20自体も3月に開催されるため、
まだ日にちがあることから投資家達が冷静に対応した形。

日本では既に取引所を登録制にする規制を導入。
それでも仮想通貨の取引は衰退するどころか拡大を続けている。
ドイツ、フランスによる”規制”の内容は「日本のように登録制になるだけじゃないか」
という意見もある。

ここのところ仮想通貨への規制の報道が相次ぐが、過敏な反応はドイツやフランスが危惧する
”値動きの激しさ”に繋がる恐れもある。
冷静に対象することを心がけよう。

引用:
日本経済新聞 G20、仮想通貨規制を議論 仏独提案へ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。