コインチェックの記者会見の簡易まとめ。「補償のための資金はある」。詳しい内容については「お答えできない」を連発

コインチェックが13日 20時 本社前にて記者会見を行う

会見に来たのは大塚雄介取締役(37)。和田社長の姿はなし

・本日の時点でお話できる範囲で話す。また改めて機会を設ける

・金融庁からの業務改善命令の報告書を提出した。継続して事業をさせていただく。再生にむけてやっている形

・本日出金を再開させていただきました。401億円を出金してお客様に返した。明日以降に関しても出金させて頂く

・ネムの補償はメドがたった。明確な時期が判明次第報告する

・アルトコインの売買についてはセキュリティーの会社と契約し確認中。安全が確認されたら売買を再開する

本日の報告はここまで。僅か3分で終了
以下質疑応答

Q.金融庁とのやりとりを教えてください
A.お答えできません

Q.内容についても教えて下さい
A.内容についてもお答えできません

Q.第3者報告については
A.お答えできない

Q.改善計画については
A.お答えできない

Q.補償の時期については?
A.正式に決まりましたら報告します

Q.補償額について変更は?
A.公表してる通り。変更はない

Q.ネムの補償の時期がわからないのはなぜ?
A.資金はある。問題ないか確認してる

Q.顧客資産と会社の資産を分別したうえで資金がある?
A.分別管理してるので自己資金から

Q.金融庁との登録が遅れたのはなぜ?
A.今回の件については関係ない

Q.今後の営業は?
A.継続してやっていきます

Q.仮想通貨の機会損失については?
A.我々では申し訳ないと思っている。補償についてはお答えできない

Q.金融庁に登録できなかった場合は?
A.登録できない場合は違法になるので事業できない

Q.日本円での返却はなにがネックになってる?
A.いろいろある。また報告します

Q.この2週間で進んだことは?
A.外部のセキュリティー会社と組んで対策をしている

Q.全てが完了するまでどのくらいの時期になる?
A.ある程度の見通しはついてる。決まればご報告する

Q.含み損を抱えてる状況のなかで大体の目処を出せない理由はなぜ?
A.私もお伝えしたい。正式に決まらないと言えない

Q.大体でいいから目処をしめして欲しい
A.見通しとしてもズレがないように正式に報告をしたい

Q.なぜ社長がいない?
A.私が説明する役目を受け持ってる

Q.他の企業との資本提携は?
A.現時点では何もお答えできない

Q.現時点でコインチェック社の保有している金額は?
A.お答えできない

Q.(資産を)開示する意向はない?
A.現時点ではない

Q.改善命令の中に経営責任の明確化があったが、そこに関しては?
A.業務改善命令の中身についてはお答えできない

Q.出金停止は妥当だったのか?どう考えてるのか?
A.お客様の資産を第一に考え、被害拡大を防ぐために妥当な判断

Q.一時破産する噂があったが?
A.資金の目処はついてる。事業は継続する

Q.金融庁ではなくお客様への説明はいつ?
A.目処がたてば報告する

Q.いつぐらいになりそう?
A.目処がたてば報告する

Q.金融庁に報告が済んでるならすぐできるのでは?
A.そういうわけにはいかない。目処はある程度ある。タイミングが来たら

Q.今回の責任の取り方は?
A.今考えてる。

Q.社長の辞任などはあるのか?
A.ちゃんと決まりましたら報告します

Q.和田社長は今なにしてる?
A.会社にいる

Q.流出したネムが換金されてるがどう考えてる?
A.捜査のほうになるので私どもはお答えできない

最後は質問がまだあるなか退室
報告は僅か3分で終了。記者会見は質問を含め20分で終了

顧客への謝罪はなし

以上簡潔まとめ


仮想通貨投資を始めるためには!

日本の取引所で口座開設しないと何も始まりません。
大手取引所で筆者も利用するビットフライヤーでの口座開設をオススメします。
口座開設してすぐに取引はできないので早めに開設しましょう!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーでアカウント開設(こちらをクリック

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。