トロン(TRX)がhoubi上場!眠れる獅子は目を覚ますのか!?

 

仮想通貨を始めた人、もしくは始めようとしていろいろ調べてる人
そういった人たちが確実に目にするだろう通貨トロン(TRX)

そのトロン(TRX)が1月30日に中国の大手仮想通貨取引所の「houbi」に上場するとか

トロンは仮想通貨をやってる人の中でも注目されている通貨の一つ
じゃあなぜここまでトロンが注目されるかと言うと色々な理由が・・・

まず注目されるべきはその安さ!
29日現在トロンの価格は僅か7円と激安。

トロン激安

もし1万円分のトロンを購入し、何かのきっかけで暴騰して70円になったとすると資産は10倍に。
単純計算で1万円が10万円に!10万円なら100万円に!
つまり爆上げしたときのリターンが非常に大きい!

そしてもう一つ注目される要素がその時価総額の高さ。
仮想通貨の中でもかなり安いにも関わらず時価総額は仮想通貨全部の中で14位!
これは日本でも上場されてるイーサリアムクラシックやリスクよりも上。

さらにトロンの創始者は精力的にトロンを売り込んでおり、
2018年1月も各国で上場ラッシュ!

1月8日 ロシアの取引所「TIDEX」に上場
1月8日 韓国の取引所「COINRAIL」に上場
1月9日 台湾の取引所「COBINHOOD」に上場決定
1月10日 2億人以上のユーザーを抱える「Baofeng.com」と提携
1月11日 宇宙関連企業との提携を発表

などなど。

そして注目される最大の理由は・・・過去に一度高騰したことがあるから。

2017年の年末には5円前後をウロウロしていたトロンだったものの、
このときは創始者がツイッターで大企業との提携を発表したことがきっかけに高騰。

2018年1月1日から高騰をはじめ、5日の11時過ぎに約35円にまで到達!
5円だったトロンが35円に。つまり7倍!

額が小さいのでたいしたことなさそうに思えるけど
トロンを買っていた人の資産が7倍になった、と考えるとかなり凄いこと。

トロン高騰したときの画像

つまりトロンは取引所が増え、企業との提携が増えて価値が上がるにも関わらず、
価格は安く眠ったままという状態。
しかし一度目を覚ますとかつてのように暴騰し、資産が何倍、何十倍にもなる可能性を秘めた通貨です。

以前の暴騰は創始者のツイッターが原因になりました。
次の暴騰は何が原因でそうなるか予想もつきません。
今後は日本の取引所への上場も期待されており、
もしかしたらhoubi上場がトロン爆上げにも繋がるかも!?

そうなったとき「買っとけば良かった・・・」と後悔しないよう、
よく考えてトロンの動向を注視していきましょう!

ちなみにトロンは日本の取引所では扱ってないのでバイナンスがオススメです。

 

バイナンスの登録方法はこちら

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。